グーグルマップに不具合!

個別株

先日、鈴鹿市にある椿大神社に参拝へ向かう途中、

今まで通っていた高速道に分岐ができているが、

カーナビは何も示してくれない。

かなり焦ったが、咄嗟にこっちだという判断で新しい道を走った。

2月末にナビの最新データをネットで更新したところだったが、

その後に新しく道ができていたようでデータが反映されていなかった。

直感で判断したことが当たりだった。

つい2,3日前に新名神高速道路の新しい区間が開通し、

鈴鹿に新しいインターができていたのである。

おかげて、今までのインターから椿大神社に行くより15分ほど近くなった。

結果オーライであった。

最近、新しい道路の開通がちょくちょくあるので、

カーナビのデータ更新はこまめにやらないといけないとつくづく感じた。

その話の続きであるが、3月24日付の日経に、

「道路消失など、グーグルマップに不具合」という記事が出ていた。

地図大手のゼンリンは、2005年からグーグルに地図データを

提供していたのだが、その契約が終了したか、あるいは契約変更があったようだ。

ゼンリンは、3月20日、ソフトバンクが出資する米国のマップボックスに、

地図データを提供すると発表している。

ゼンリンは、約1000人の調査員を使って日本中の細かいところまで調査した

詳細地図データが売りである。

そのデータを使えないとなると、グーグルマップは今後どうなるのか?

今まで、ゼンリンから吸い上げたデータを元に、

今後はグーグル独自の道路データを加えていくようだ。

今後、どうなるのかわからないが、私は車の運転には、

ゼンリンが提供しているカーナビの地図データの方が信頼性があり、

安全であると考える。

なので、車の移動ではカーナビを主に使っている。

たまに、グーグルマップを使うこともあるが、車の運転中では、

スマホやiPadのグーグルマップは使いにくい。

特に、複雑は都心部の高速道路では、カーナビの方が断然すぐれている。

一方、知らない街に電車で行って徒歩で移動する時には、

グーグルマップはかなり助かる。

しかし、今後、グーグルとゼンリンと契約状況によっては、

グーグルマップの使い勝手が悪くなる可能性も否定できない。

今回、ゼンリンがグーグルへの地図情報提供の契約解除の

観測で、ゼンリンの株価は16%下落した。

ゼンリンの株価はここ2年でかなり上昇していて、

2017年初頭の1500円前後から、2018年10月に3675円と

高値を付けていた。直近(4月5日)の株価は2545円である。

地図データは、自動運転では必須になるので、ゼンリンの

存在感は今後、益々大きくなるだろう。

そう考えると、今回の調整は、良い買い場を提供してくれたのかもしれない。

個別株
証券ライフHP     証券ライフチャンネル
証券ライフBLOG

コメント